ホワイトニングの研磨剤なしの魅力

ホワイトニングの研磨剤なしの魅力

歯が白いだけでも、人の印象はずいぶんと変わるものです。そのため、歯の黄ばみが気になっていて、どうにかして歯を白くしたいと思っている人は大勢いるのではないでしょうか。歯を白くしたいと思ったら、歯についた着色汚れの原因や種類によって、適切な対処の仕方は変わってきます。場合によっては、自宅でもある程度までホワイトニングをすることは可能です。
歯の着色汚れの原因になるのは、主に食事や喫煙によるエナメル質表面の着色と、エナメル質内部に沈着した着色や象牙質の色の変化によるものがあります。表面の汚れの場合は、歯磨きなどの物理的な力によってある程度汚れを落とすことは可能です。しかし、エナメル質内部まで蓄積されてしまった汚れや、長年蓄積された象牙質の色を白くしたい場合は、過酸化水素によるホワイトニングを行い、歯の漂白をする必要があるのです。
自宅でケアする場合は、歯の表面の汚れを落とすことになります。ひとつは、ホワイトニング用の歯磨き粉で磨く方法です。多くの歯磨き粉には研磨剤が入っていて、着色汚れを削って綺麗にしますが、最近では研磨剤に色々な工夫が施されています。製品によっては研磨の力が強すぎて歯茎などを傷めてしまう恐れもあるので、注意が必要です。
もうひとつは、歯の消ゴムを利用する方法です。歯磨き粉に含まれる研磨剤を凝縮した、歯の専用の消ゴムです。こちらは研磨性が強いので、歯を傷つけてしまわないように、週に一度くらいのお手入れに留めておくことが良いでしょう。