合宿免許のメリットデメリット

合宿免許のメリット・デメリットとは?

費用や期間などでメリットの多い合宿免許ですが、デメリットについても存在します。
なので、今回はメリットとデメリットについてまとめました。

 

免許を取得する際の参考に是非なさってください。

 

 


『メリット』

まずはメリットから見ていきましょう。

 

一つ目のメリットは、やはり価格ですね。通学時ならば30万円前後掛かる教習料金が合宿ならば20万円前後まで下がるわけですからね。非常に大きなメリットと言って間違いないでしょう。

 

二つ目は、期間です。通常、1〜3か月掛かる教習期間が2週間前後で完了するわけですから、これも大きなメリットです。「すぐにでも車を運転したい!」と言った方には大変な魅力であると言っても過言ではないでしょう。

 

三つ目は保証ですね。例えば、仮免許試験や卒業試験に不合格だった場合、通学時ならば追加料金を取られるのが普通ですが、合宿免許ならば不要である場合が基本です。ゆえに、安心して教習を受けることができます。

 

四つ目は出会いですね。通学と違って合宿免許ならばある程度まとまった人数が同じ時期に入所します。ゆえに、授業などで顔を合わす機会も多くなりますから、自然と仲良くなることも多いです。「新たな出会い」、これもメリットとして挙げていいでしょう。

 

五つ目は観光ですね。教習中は空き時間もありますから自由時間に近くの観光地を訪れることも可能です。なかなか訪れる機会の無い場所を観光できることもメリットと言えます。

 

『デメリット』

次はデメリットについても見ていきましょう。

 

一つ目は時間的な拘束ですね。2週間の短期間とは言え、その期間の全てを拘束されるわけですからまとまった休みの取れない方には選択することが難しいサービスであることは間違いありません。

 

二つ目は不慣れな道を走る必要があることです。普段見慣れた街を走るのとは違って、見知らぬ土地を車で運転することは難易度が上がるのが普通です。ですので、知っている道を走ることができる通学と比べると、この点はデメリットと言えます。ただ、この点は教習中に慣れることもできますし、地図での確認もできますから極端なハードルではないことも確かです。

 

以上がメリットとデメリットになりますが、圧倒的にメリットの方が多いのが現実です。ゆえに、まとまった時間の取れる方は合宿で免許を取得されることを強く推奨致します。